アーロン・ピアース はアメリカのテレビドラマシリーズ『24 -TWENTY FOUR-』に登場する人物である。演じているのはグレン・モーシャワー (Glenn Morshower)。日本語での吹き替え声優は佐々木敏

主人公のジャック・バウアーを除けば、シーズン1~7まで連続で登場している唯一の人物である。

概要[編集 | ソースを編集]

アメリカ合衆国シークレットサービス特別捜査官。デイビッド・パーマーやチャールズ・ローガンの下で、シークレットサービスの指揮官として活躍する。

息子が一人いて海軍に所属している。

来歴[編集 | ソースを編集]

前歴[編集 | ソースを編集]

第2期レーガン政権時にシークレットサービスに入る。

シーズン1から4[編集 | ソースを編集]

シーズン1の大統領予備選に際してデイビッド・パーマーの警護に付く。その後、パーマーが正式に大統領となった際には、そのまま大統領警護官となる。

パーマーの信頼を得ており、シーズン2ではその豊富な経験を買われて彼から助言を頼まれる。その後、キーラー政権となった後も大統領警護官としての職務を全うしている。

シーズン5[編集 | ソースを編集]

ローガン政権でローガン夫妻の警護に付いている。

テロリスト達が、ロシア大統領夫妻とマーサが乗った車列を襲った際に、命がけでこれを守り、マーサの信頼を得る。その後、偶然ローガンの陰謀を知ってしまったことから、殺されかけるも、マーサやマイクの助けで事無きを得る。最後はマーサやマイクと共に、ジャックの作戦に協力して、ローガンの失脚に一役買う。

シーズン6[編集 | ソースを編集]

前シーズンでの出来事がきっかけとなって、マーサと恋仲になっており、シークレットサービスを辞して、施設で彼女と暮らしている。

シーズン7[編集 | ソースを編集]

シークレット・サービスからは引退していたが、大統領から信頼する人物を娘の迎えに出すように頼まれたビル・ブキャナンに依頼され、娘であるオリヴィア・テイラーの元へ現れる。

外部リンク[編集 | ソースを編集]


特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。